組織・業務内容

産業技術総合研究所について

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は、我が国最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化に繋げるための「橋渡し」機能に注力しています。大企業だけでなく、中堅・中小企業の皆様との積極的な連携を通して、地域産業の活性化に貢献しています。

地域連携部について

産総研イノベーション推進本部の中にあり、地域・中小企業連携を担当しています。
産総研の各地域センター、公設試験研究機関(都道府県の産業技術センター等のことです)等と協力し、中堅・中小企業の皆様に、技術支援にとどまらず、様々な協力を行っています。「中小企業連携コーディネータ」が連携をサポートします。まずはご相談ください。

お問い合わせ(「技術相談」へ)

技術相談から連携へ

技術相談からスタートして連携にまで発展する場合の流れをTOPページで図解しています(産総研・公設試・企業との連携イメージ)。また、実際に産総研と連携していただいた中堅・中小企業様の例を「成果事例」のページで多数ご紹介しています。ぜひご覧ください。

技術を地域の力に

産総研は全国の公設試験研究機関(公設試)と「産業技術連携推進会議(産技連)」を通じて協力を強化しています。また、より多くの企業に産総研の技術力を活用していただけるよう、地域の実情に詳しい公設試の職員やOBの方が「産総研イノベーションコーディネータ」として、地元企業の皆さまとの仲立ち役を務めています。「産総研ふるさとサポーター」も活動しています。

部内各室と担当業務内容

室名 業務内容
地域・中小企業室
  1. 1.地域連携部における業務の総合調整に関すること。
  2. 2.中小企業、中堅企業等の技術支援及び成果普及に関すること。
  3. 3.技術相談に関すること。
  4. 4.公設試験研究機関との連携に関すること。
  5. 5.産業技術連携推進会議に関すること。
  6. 6.地域センターにおける産学官連携活動の支援に関すること。
関東地域室
  1. 1.連携研究に関する情報の収集及び発信、支援並びに成果普及に関すること。
  2. 2.産技連関東甲信越静地域部会に関すること。
  3. 3.産学官連携共同研究施設(つくば本部・情報技術共同研究棟)の運営に関すること。