メニューを閉じる

関東・甲信越静

茨城

小熊 光晴オグマ ミツハル

  • つくばセンター
  • エネルギー・環境領域 省エネルギー研究部門 副研究部門長
  • 次世代自動車エンジン研究ラボ
  • 研究ラボ長

茨城大学出身。 大学入学後、最初の帰省時に妹に言われた一言が、「兄貴、訛ってるよ。」 以降、海あり、山あり、自然の中に適度な都会ありの、茨城に染まっています。 研究成果のみならず、地域と産総研とのコミュニケーションも『橋渡し』していきたいと思います。

間野 大樹マノ ヒロキ

  • つくばセンター
  • 製造技術研究部門 トライボロジー研究グループ 主任研究員

つくば市(旧桜村)で青春時代を過ごしました(小学校~高校)。微力ながらお手伝いさせていただきたいと思います。

石塚 尚吾イシヅカ ショウゴ

  • つくばセンター
  • 省エネルギー研究部門 化合物薄膜材料グループ 研究グループ長
  • ゼロエミッション国際共同研究センター

茨城県つくば市在住年数25年(2020年時点。途中1年間のアメリカ合衆国コロラド州滞在期間を除く) よく行くスポット:ビアスパーク下妻(学生のころから)、イオン下妻(空いてる)、TRIAL(スーパー) 茨城で好きなもの:遠くまで見渡せる風景、広い道、柔道ができる環境(昔)、最近なかなか会えない柔道仲間

佐々木 基ササキ モトイ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 標準化推進センター 審議役

3月まで茨城県庁産業戦略部(いばらきサロン)に在籍出向(行政実務研修)していました。産総研が関連する県庁技術革新課の政策や、県産業技術イノベーションセンターの支援業務などを中心に、県内企業様との橋渡しのお役に立てればと思っております。

佐藤 主税サトウ チカラ

  • つくばセンター
  • 健康医工学研究部門 上級主任研究員

三代  翔太郎ミヨ ショウタロウ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 連携企画部 企画室 職員

東海村で育ち、高校は水戸第一に通っていました。大学、大学院と県外に出ていましたが、茨城に戻ってこられてうれしいです。せっかく産総研が茨城県に拠点を構えているので、茨城県と産総研をもっと強くつなぐようなお手伝いができればと思っています。

鬼頭 聖キトウ ヒジリ

  • つくばセンター
  • 電子光基礎技術研究部門 超伝導エレクトロニクスグループ 主任研究員

新規材料開発の研究を行っております。 産総研の前身 電子技術総合研究所入所、出身は愛知県ですがつくば市在住で25年程になります。 大学院生時代から共同研究で、物質・材料開発研究機構、 共同利用施設としては、 高エネルギー加速器研究機構、日本原子力開発研究機構、大強度陽子加速器施設J-PARCセンター と茨城県内の各研究機関、施設に出入りし、実験、研究を進めて参りました。 ふるさとサポーターとして、生徒達に材料科学分野の研究の面白さを出前講座などを通じて、 また地域貢献のお手伝いをさせて頂ければと思います。

栃木

佐藤 剛一サトウ コウイチ

  • つくばセンター
  • イノベーション人材部 イノベーション人材室 室長
  • 材料・化学領域 化学プロセス研究部門

雷鳴とどろく宇都宮で生まれ、高校卒業まで過ごしました。仙台にある東北センターで、化学工業などに不可欠な固体触媒と関連する分野の研究を行っていましたが、2020年4月からは、つくばセンターのイノベーションスクール事務局にて若手研究人材の育成に関わる業務に従事しています。故郷のためにお役にたてれば幸いです。

村上 敬ムラカミ タカシ

  • つくばセンター
  • 製造技術研究部門 トライボロジー研究グループ 主任研究員

高校3年まで高根沢町の田園地帯で過ごしました。ウォーキングや温泉が好きで年に1、2回程度大平山、渡良瀬遊水地、余裕のある時は八方ヶ原、奥日光、茶臼岳周辺などを歩いたりしております。専門は金属、セラミックス、及びそれらの摩擦摩耗に関することですが、何かお役に立ちそうなことがございましたら、よろしくお願いいたします。

添田 喜治ソエタ ヨシハル

  • 関西センター
  • バイオメディカル研究部門 主任研究員

氏家町(現さくら市)で育ち,高校は宇都宮市内まで通いました.現在は,どのような音が不快か,目立つか,好ましいか,といった音の評価・デザインに関する研究を行っています.お世話になったふるさとに何かしら貢献できれば大変うれしく思います.

群馬

清水 哲夫シミズ テツオ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 地域連携部 地域・中小企業室 連携主幹

産業支援、連携研究のお役に経てば幸いです。

石井 則行イシイ ノリユキ

  • つくばセンター
  • 生命工学領域 細胞分子工学研究部門 多細胞システム制御研究グループ 主任研究員
  • TIA推進センター 共用施設運営ユニット 共用電子顕微鏡施設

前橋市出身。高校(県立前高)まで群馬で過ごす。物理学(大学)、生命化学(大学院)を専攻。理学博士。理研、工技院を経て現職。ニューヨーク大学医療センター、ローレンスバークレー研究所・カリフォルニア大学バークレー校で在外研究。専門は生物物理学、生化学、電子顕微鏡解析。つる舞う形の群馬県、応援しています。

丸山 修マルヤマ オサム

群馬県前橋市の出身です。体内埋込み型人工心臓の血液適合性評価を行ってきました。現在は、次世代治療・診断技術研究ラボで、医療機器開発に基づく領域融合による生涯現役社会の実現を目指しています。

菊池 優キクチ ユウ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 ベンチャー開発センター 事業支援グループ 職員

「銘仙織り出す伊勢崎市」出身、高校は桐生に通っておりました。実家から見える赤城山の景色と、ニューイヤー駅伝が大好きです。大学では群馬県人会会長を務め、学園祭でのぐんまちゃんの誘致と焼きまんじゅうの販売をメインに活動しておりました。今後も群馬県の発展に貢献したいと思います。よろしくお願いします。

松井 康平マツイ コウヘイ

  • つくばセンター
  • つくば中央第五事業所業務部 会計グループ 職員

高校卒業までの18年間を群馬で過ごしました。温泉マーク発祥の地といわれる安中市出身です。ふるさとサポーターとして少しでも地元に貢献できればと思います。

栗原 一真クリハラ カズマ

  • つくばセンター
  • エレクトロニクス・製造領域 製造技術研究部門 表面機能デザイン研究グループ 研究グループ長

中山 英里香ナカヤマ エリカ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 地域連携部 職員

群馬県で中でも、のどかな北関東感と少しの都会感が共存するもっとも素敵な市、伊勢崎市の出身です。家族・親戚・友人も多く、何らかの形で地元に貢献したいと思っています!

埼玉

阿部 晃弥アベ アキヤ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 産学官契約部 受託研究契約室 室長代理

生まれも育ちも埼玉県、就職するまでずっと暮らしていました。 いまでも、帰省などで埼玉に帰ると、武蔵野が自分の原風景だなぁと実感します。 地元で活躍する友人知人もたくさんいますので、産総研ふるさとサポーターとして、少しでも故郷のお役に立ちたいと考えています。 イベント応援等の御依頼、お待ちしてます!

粟津 浩一 アワヅ コウイチ

  • つくばセンター
  • TIA推進センター 戦略連携ユニット 審議役
  • エレクトロニクス・製造領域 電子光基礎技術研究部門 研究部門付

石塚 尚吾イシヅカ ショウゴ

  • つくばセンター
  • 省エネルギー研究部門 化合物薄膜材料グループ 研究グループ長
  • ゼロエミッション国際共同研究センター

幼稚園入園前から高校卒業まで在住。自分にとって地元と言えばこちら。 埼玉で好きなもの:サッカー、フットサルができる環境、最近なかなか会えない地元の友人

千葉

森田 直樹モリタ ナオキ

幼稚園から小学校、中学校、高校、予備校まで、千葉県に住んでおりました。現在も、親と弟妹は千葉県に住んでおります。実家がある千葉県にも何か貢献したいと思い、産総研ふるさとサポーターになることにいたしました。 現在は主に、食品素材の機能性に関する研究、DHAやEPAなどの機能性高度不飽和脂肪酸に関する研究に従事しています。

谷口 正樹タニグチ マサキ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 連携企画部 部長

もともとは関西人ですが、転勤で柏市に住み始めてはや15年。千葉県、特に東葛地域は第二の故郷になりました。小学校ではPTA会長も務めています。何かお役にたてることがあれば、ぜひお声がけください。

小笠原 啓一オガサワラ ケイイチ

  • つくばセンター
  • 広報部 企画主査

千葉県に住み始めて8年が過ぎ、地元への貢献意識も強くなってきました。広報に入る前はメタンハイドレートなど化学関連の物質移動の研究をしていました。現在はサイエンスコミュニケーション活動がメインです。なんでも気軽にご相談ください。

富永 大介トミナガ ダイスケ

  • 臨海副都心センター
  • 細胞分子工学研究部門 分子細胞マルチオミクス研究グループ 主任研究員

東京

小熊 光晴オグマ ミツハル

  • つくばセンター
  • エネルギー・環境領域 省エネルギー研究部門 副研究部門長
  • 次世代自動車エンジン研究ラボ
  • 研究ラボ長

台東区出身。 三社祭、朝顔市、酉の市など、情緒豊かな行事に囲まれ、人情や風情を感じることのできる、いわゆる下町出身の(一応?)江戸っ子です。 クルマの部品屋を営んでいた実家にて大学入学前まで過ごし、気が付けばエンジンの研究者になってました。

麓 恵里フモト エリ

  • つくばセンター
  • エネルギープロセス研究部門 炭化水素資源転換グループ 主任研究員

高校卒業まで多摩地域で育ちました。現在はつくばで、バイオマスや重質油等の炭化水素資源の有効利用に関する研究を行っております。

森 祥子モリ ショウコ

  • つくばセンター
  • 広報部 部総括

神奈川

池上 敬一イケガミ ケイイチ

小学校3年生から高校卒業まで、人生で最も多感な時期を神奈川県で過ごしました。出生地は東京ですが、東京で暮らした頃の記憶は殆どありませんので、私にとって「ふるさと」と言えば神奈川県です。その故郷の企業様になにがしかのお手伝いができれば、大変幸いに思います。研究現場を離れて長いですが、その分専門に拘らずご相談をお受けすることができるのが強みと自負しています。まずはお気軽にご相談ください!

関根 重幸セキネ シゲユキ

  • つくばセンター
  • 企画本部 研究評価室 総括主幹

鎌倉生まれで、七里ガ浜高校、横浜国立大学、東京工業大学(長津田キャンパス)と大学院修了まで神奈川県内で過ごしました。。

清水 卓也 シミズ タクヤ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 連携企画部 大型連携室 室長代理

同じ関東とはいえ神奈川からつくばは遠く、神奈川では産総研があまり知られていないように思います。 ふるさとサポーターとして、神奈川の皆様に産総研をもっと身近に感じていただけるように頑張ります!! (経歴)神奈川県立横須賀高校卒、横浜市立大学卒。平成18年、産総研入所。

新潟

白川 桃子シラカワ モモコ

  • 臨海副都心センター
  • 臨海副都心センター研究業務推進部 職員

生まれも育ちも新潟県・新潟市!就職を機にはじめて新潟を離れた(まだ)生粋の新潟県人です。 都会ほどの観光資源はないけれど、日本海と山と食がアピールポイントです。是非、訪れてみてください。自分が育った新潟に少しでも貢献できればうれしいです。よろしくお願いいたします。

米山 秀彌ヨネヤマ ヒデヤ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 標準化推進センター 標準化調整室 主査

家系のルーツが新潟にあり、幼少期に見た豊かな自然とあとで知った産業規模の差に魅力を感じて新潟県のサポーターに就任しました。大学では分析化学を専攻し産総研には事務職として入所、地域の産学官連携推進や受託研究契約締結業務等に従事してきました。一緒に自然豊かな新潟で更なる産業発展を進めませんか。

渡利 広司ワタリ コウジ

  • つくばセンター
  • 執行役員 イノベーション推進本部長

米百俵の精神、山下清画伯の”ちぎり絵「長岡の花火」”等から長岡の生活に憧れ、長岡技術科学大学に編入し、博士課程修了までの7年間楽しい学生時代を過ごすことができました。長岡をはじめ新潟県には、たいへんお世話になりました。今度、産総研が持つ先端技術で、長岡及び新潟県を盛り上げたいと思います。

片岡 寛彬カタオカ ヒロアキ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 地域連携部 地域・中小企業室 職員

生まれてから高校卒業までの18年間を新潟で過ごしました。海も山も近くにあり、お米も美味しい楽しい県だと思います。少しでも地元に貢献できれば幸いです。

山梨

山口 英俊ヤマグチ ヒデトシ

山梨県は、出生から高校卒業までの18年間を過ごした私の出身地です。甲府第一高等学校を卒業後、大学、大学院に進学・修了し、産総研へ入所しました。現在は放射線計測に関する研究を行っております。どうぞよろしくお願い致します。

大石 佑子オオイシ ユウコ

  • つくばセンター
  • 産学官契約部 受託研究契約室 職員

幼稚園から高校卒業まで甲府盆地で育ちました。灼熱の夏も極寒の冬も、毎日富士山を眺めながら通学していたことが懐かしいです。最近は帰省するたびに近くの山にハイキングに行っています。ほどよく疲れて飲む甲州ワインは格別です。ふるさとである山梨に少しでも貢献できるよう頑張ります!

長野

遠藤 尚樹エンドウ ナオキ

  • つくばセンター
  • 省エネルギー研究部門 熱流体システムグループ 主任研究員

長野県で生まれ、信州大学工学部を卒業するまでずっとここで育ちました。信州の山々が切り取ってくれた空のかけらはいつも持っているようにしたいと思います。「つくばで見る夕焼け、これが美しいのは、茨城県の西の方、北緯36度線に沿った向こうに長野県があるから」が自説です。よろしくお願いいたします。

小林 純子コバヤシ ジュンコ

  • つくばセンター
  • 経理部 経理室 総括グループ グループ長

大学時代を松本市で過ごしました。長野は出身の大阪とは違い、高い山々、豊かな自然に囲まれ、とても思い出深い地です。そんな長野に少しでも貢献できればと思います!卒業してから随分立ちましたが、「信濃の国」もまだ歌えます。「松本ぼんぼん」もまだ踊れます。

美濃輪 智朗ミノワ トモアキ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 副本部長

中学時代と高校1年間を松本市で過ごしました。たいまつ祭りで逞しくなれたように思います。

矢野 伸一ヤノ シンイチ

  • 関西センター
  • 地域連携部 地域・中小企業室 中小企業連携コーディネータ

出身は長野市ですが、北信だけでなく県内各地を良く知ってます。専門はバイオマス利用や応用微生物ですが、現在は産学官連携の仕事に携わっており、幅広い分野に関わっています。今でも月1回は長野に帰っていますが、故郷の長野県に何かお役に立てれば幸いです。

依田 智ヨダ サトシ

  • つくばセンター
  • 材料・化学領域 化学プロセス研究部門 総括研究主幹

血統書付きの信州人です。現佐久市で生まれ育ち、高校(野沢北)卒業まで過ごしました。 故郷を離れて長くなりましたが、今でも碓氷峠を越えると、言語モードが”ずら”対応に、身体は寒冷地仕様に切り替わります。 材料化学、断熱材が現在の専門ですが、高圧の二酸化炭素利用プロセスも得意としており、植物、農産物の有効利用、精密機器の洗浄など、信州に関わりのある産業技術にもお役に立てると思います。 技術士(化学)の資格を有しており、コンサルティングや外部との橋渡しの経験も豊富です。お気軽にお問い合わせください。

臼田 孝ウスダ タカシ

  • つくばセンター
  • 計量標準総合センター 執行役員

長野県で生まれ、高校まで長野県に育まれました。県内企業、教育機関、公設試の皆様にお役に立てることがあればお気軽にお声がけください。

中野 仁美ナカノ ヨシミ

  • つくばセンター
  • 生物プロセス研究部門・植物機能制御研究グループ 研究員

長野市で生まれ育ちました。山と田んぼとリンゴ畑に囲まれた緑豊かな生活が、植物の研究に携わりたいと思ったきっかけです。ふるさとのために何かお役に立てれば幸いです。

静岡

淡野 正信アワノ マサノブ

小学校から高校までを静岡市で過ごしました。静岡東高在学時に「東海地震が30年以内に来る(明日かも知れない!)」と大騒ぎになったことがきっかけで(最近になって地震予知は否定されていますが)、大学で地質学を学んだことが巡り巡って、産総研での燃料電池等のセラミックス研究開発に至っています。

石田 敬雄イシダ タカオ

  • つくばセンター
  • ゼロエミッション国際共同研究センター(GZR) 総括研究主幹
  • GZR 熱電変換・熱制御研究チーム

熊本で生まれてすぐに御殿場市に引っ越し、さらに2歳で小山町という富士山のふもとで富士スピードウェイのある町に移り、小学校卒業まで小山町で過ごしました。今でもたまに小山町に遊びに行きます。お茶とみかんのふるさと静岡を応援したいと思います。

窪田 総一郎クボタ ソウイチロウ

  • つくばセンター
  • イノベーション推進本部 知的財産部 技術移転室 職員

高校卒業までの18年間を地元 沼津市で過ごしました。微力ではございますが、静岡県の皆様のお力になれればと思います。

桑原 正史クワハラ マサシ

  • つくばセンター
  • エレクトロニクス・製造領域研究戦略部 連携主幹
  • センシングシステム研究センター

静岡県東部の出身です。電子デバイス、光学デバイス、各種計測が専門ですが、それ以外にも気軽にご相談ください。

渡利 広司ワタリ コウジ

  • つくばセンター
  • 執行役員 イノベーション推進本部長

2011年6月より2年間企業出向により、富士市の田子の浦港近くに住んでおりました。雄大な富士山と風光明媚な田子の浦港を見て、毎日充実した生活を送っていました。富士は私の第二の故郷であり、静岡県の企業の先端研究開発に貢献したいと思います。

福島 学フクシマ マナブ

  • 中部センター
  • マルチマテリアル研究部門 セラミック組織制御グループ 研究グループ長

入所以来セラミックス多孔体の研究開発を行ってきました。講演、技術相談、共同研究などお気軽に問い合わせ下さい。

金城 佐和子キンジョウ サワコ

  • つくばセンター
  • 地域連携部 地域・中小企業室 アシスタント

西伊豆町田子という小さな町に育ちました。 今は過疎の町ですが、夕陽日本一宣言をし、最近は、「夕陽の町」として、少し知名度があがってきました。実家の目の前の海岸から見る、水平線に沈む夕陽はとても素敵です。 静岡から離れ随分たちますが、何かしら応援できればと思っています。